新刊超速レビュー『加齢臭読本』

加齢臭読本 いくつになっても、におわない人の習慣 著者 : 奈良 巧 出版社 : 草思社 発行日 : 2012/4/14 品川駅構内の書店で購入したのだが、店員に冷ややかな視線を浴びせられるのでは…とドキドキしたが、同時に購入した『帝国ホテルの流儀』で印象も薄まったのだろう。まだ、20代、何を気にしているのだ、突っ込ま...

何にもなくても,仲間がいる。

2009年1月、品川駅構内。 いつものカフェで、拓人と朝会議。会社をつくることだけが決まった。名前にこだわりはなく、決まっていなかった。 2009年3月、Granma-port.jp メールアドレス取得のため、ドメインが決まった。会社名も紆余曲折を経て、船の名前から”Granma”に命名された。...

2012年4月21日に振り返るグランマの3年間

特にぶっちゃけるような話があるわけではないし、ただ一つのベンチャー企業が3年目を迎えただけだとシニカルに思う人もいるだろう、だけど、僕は少なからずその当事者の一人である。それに立ち会えたことは幸運とも言えるし、そんな難しいことでもないのかもしれない。一般的なことはよくわからない。だから、主観的にただ書いていこうと思って...

2012年3月-4月20日

急ですが…、2012年3月から4月ごろの活動報告。 現在、ミャンマーは土地の価格も外資の進出でも盛り上がりを見せていますが、ミャンマー中心部から車で30分も走れば、まだまだ未開拓で無電化の農村です。ちなみに、日本の商社が熱を入れて開発しようともくろんでいるティラワ経済特別区とミャンマー中心部をつなぐ道路から見える風景で...

『つながらない生活』ネット週休2日制のススメ

つながらない生活 ― 「ネット世間」との距離のとり方 著者 : ウィリアム・パワーズ、有賀 裕子 出版社 : プレジデント社 発行日 : 2012/1/27 検索エンジンを普及させ、Webの世界を便利に快適にし、よりつながる生活を提供してきたグーグル、その会長のエリック・シュミットはかく語りき。 コンピュータの電源を切...

HONZ 『驚きの介護民俗学』ー現実と期待の間で

驚きの介護民俗学 (シリーズ ケアをひらく) 著者 : 六車 由実 出版社 : 医学書院 発行日 : 2012/3/7 避けて通れない人生の通過点、育ててくれた祖父母や両親の介護もいつの日かやってくるのだろう、個人的には実家は地方にあり、両親、祖母も健康だと思っているため、本書を読むまで完全に介護の世界は他人事だった。...

『生命と機械をつなぐ知』新刊ちょい読み

生命と機械をつなぐ知 基礎情報学入門 著者 : 西垣 通 出版社 : 高陵社書店; 初版 発行日 : 2012/3/15 現代の子ども達、いや幼児はiPadやiPhoneを言語を活用する前から器用に利用している。Appleがつくり込んだ直感的に理解できるユーザーインターフェースの賜物だ。そんなデジタルネイティブ幼児たち...