批判と蛙

批判というものを恐れていきてきた 自分が好きなものを誰かにけなされる 表情は動かさない、感情だけがうごく もしかして 自分が信じていたものは たいそれたことじゃないのかもしれない、と 結局、井の中の蛙じゃないかと どれほど読んでも、どこまで行っても、どれだけ会っても それは変わらない いつまでたっても井の中の蛙 大海を...

マクルーハン

メディアはメッセージである メディアはマッサージである マクルーハンの有名なことば、この2つが何を意味しているのか、なぜこれを発したのか、どういう区別ができるのか、そのレトリックもわかっていなかった状態から読み進めた。 今こそ読みたいマクルーハン (マイナビ新書) posted with ヨメレバ 小林 啓倫 マイナビ...

人間の安全保障とアマルティア・セン

アマルティア・セン。大学の図書室で本を手に取ってから、10年以上経過。その当時には出版されていなかった名書に向き合う。人間の安全保障というコンセプトを理解するため。それ以上に、含蓄のある本で、西洋的視座に犯されていた自分を知り、新たな見方と思考を身につけることができた。 グローバリゼーションと人間の安全保障 poste...

リー・クアンユー

シンガポール建国の父である「リー・クアンユー」、齢90に達しようとしている。 オバマや習近平など世界中の国を率いる指導者が、彼を師と仰ぐ。 彼の仕事は国を立て直し、政権を運営し、外交により国の安全を確保し、世界中から投資を集めるという複雑極まりないことだ。その複雑さを表に出すことなく、わかりやすい表現とシンプルな言葉に...

愛と力

愛と力 男と女 父と母 親と子 組織と個人 利他と利己 社会性と経済性 平和と戦争 全体融合と自己実現 社会にはたくさんの対立構造、ジレンマや矛盾がある。それを解決することはできるかはわからない、けれど前に進む方法はある。 それら2つの要素を両足に例えるメタファーがわかりやすい。 どちらかに偏り過ぎれば、やがて倒れる。...

Symbol(シンボル)

“Symbol” 「結合された二つのもの」を意味しています。 一人の人間が半分を持ち、もうひとりが別の半分を持つ。やがてその二人が一体になる。そのリングを合体させることによって、円環を完成させることによって、認識が生まれる。これが私の結婚であり、私の個人生活を二人から成るより大きな生活と合体させ...

言語ゲーム

とある本で出会ったヴィトケンシュタインの言語ゲームが、気になった。なんで気になったのか、それはイノベーションの可能性を感じたからである。 越境することとは異なる言語ゲーム同士を飛び越え、ギャップを発見すること。そして、それぞれが持たない共通言語をつくり、ギャップを顕在化し、市場を創っていくこと、と直感的に思ったからであ...

コスモポリタニズム

仕事の相方はよく聞いたことのない言葉を他の刺激的な人物から聞いてきて、僕に教えてくれる。 コスモポリタニズム どこから拾ってきたのかわからないが、今年になってでてきた頻出キーワードである。どういった文脈において語られたのか?わからないが、だいたい気になった言葉はグランマの文脈に沿って理解してみようと試みる。これが僕の知...