荒川修作

芸術というのは最後には作る本人が、全ての責任を持つのではなく、見る側が全てを作り上げる 見る側を作ろうとした。...