人生意気に感ず、功名誰か論ぜん

手に取った『貞観政要』、魏徴と太宗との問答を中心に収められている。側近として厳しい進言を行っていた魏徴、その彼が発したと言われる有名な故事である。 人生意気に感ず、功名誰か論ぜん 時代背景と魏徴が側近となった経緯を知らねば、この真意は味わえない。 Tweet