本のキュレーター勉強会 2回目のこと

3月2日@溜池山王。本のキュレーター勉強会2回目。

この勉強会に参加して思うことをさらっと書いてみる。

その1.
みんなの本好き度合いにはたまらないくらい驚かされる。そんな本、なんで読めるの?って思う本を皆さん平気で読んでいること。

その2.
明確に自分との違いを感じるのは、純粋に皆さん、本が好きで探究心に溢れているということ。勉強家すぎる。

その3.
本の説明をするとき、みんな目がきらきらしている。あぁぁ、本当に本が好きなんだ…。

それに引き換え、自分は刹那的かつ利己的に本を読んでいる。すぐに何かの役に立てたくなるし、日常の何かと無理やりにでもつながりを創って、「役に立つから・便益がある」という言い訳をもとに本を選んで、読んでいる。たまに本屋で衝動買いをするが、それも「本≒役に立つもの」の方程式の計算の上で購入している。

母親がいつも本を読んでいた環境下で育ったため、本を読むことに対して抵抗(Ω)は低いのだが、計算高く生きてこようとした(実際はまったく計算できなくなった、ここ2年ほど)代償であろう。

今回、僕は気が狂ったのか、2月は西田幾多郎と鈴木大拙を読み漁った。知識が役に立つかわからないがネタにはなるだろうと。それに地元の人について、知りたかったから。ルーツは大事。

ついでに物理系の本、ハイゼンベルグ、寺田寅吉、中谷宇吉郎など。何かの真理でも探すかのように。

そんなにあまくはない、たかが一カ月で得られるのは、自己満足、独りよがりの理解である。きっと、僕に必要なのは、読書で得た知識をすぐに何か形にすること。そう思って、二人が眠っている東慶寺で坐禅もしてみた。お墓にも、ご挨拶。1カ月なんてそんなもの。特に何もなし。

次回の課題本。

Action and Action
2011年03月
アイテム数:1
かぜの科学―もっとも身近な病の生態
ジェニファー アッカーマン
登録日:03月08日


powered by ブクログ

以下、2月に読んだ本一覧。

Action and Action
2011年02月
アイテム数:20
「大発見」の思考法 (文春新書)
山中 伸弥,益川 敏英
読了日:02月01日
{book['rank']


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
ウォルター・サレス
読了日:02月06日
{book['rank']


閃け!棋士に挑むコンピュータ
田中 徹,難波 美帆
読了日:02月10日
{book['rank']


大拙と幾多郎 (岩波現代文庫)
森 清
読了日:02月12日
{book['rank']


禅と日本文化 (岩波新書)
鈴木 大拙
読了日:02月12日
{book['rank']


180 South [DVD] [Import]
Magnolia
読了日:02月12日
{book['rank']