少しオフィスをオープンにすることにしました

これまでの隠れた経緯

2012年5月、グランマが千葉県鴨川市から表参道オフィスに移転して1年と1ヶ月が経ちました。オフィスを一緒に活動してくれるパートナーや共感してくれる仲間にオープンすることにしました。いきなり!流行に乗った?と思われるでしょうが、これは思いつきではありません。すでにグランマには失敗経験があります。
2010年に千葉県鴨川のペンションを借り、宿泊型のCo-working Space「Ground-A」という形でチャレンジしました。

運転手しました、シーツ交換しました、掃除もレイアウト変更もたくさんしました。

が、なにぶん東京湾を横断して、車で2時間以上の距離がさすがに遠すぎました。それは来てくれる仲間のみんなにも、そして僕たち自身にとっても。そこで、2011年4月、オフィスを表参道に移転しました。徐々にオフィスの環境も整ってきました。そして、今回のオフィス解放宣言は当時、構想した計画へのリベンジです。

アジアの仕事にしよう

もう一つの事情は、僕たちが仕事でアジアにいることが増えつつあり、その影響でオフィスのスペースがいつも空いているのでもったいない!ということです。それにアジアの話を聞きたい、一緒に活動したい人はたくさんいるにも関わらず、あまり時間が取れていないこともあり、それなら一緒に働いてしまったほうがいいじゃないか、と身勝手な発想からスタートしました。

また、アジアから日本にもどんどんと遊びにきてくれています。そういったチャンスもみんなで共有したいなーと。これまでもそうでしたが、今後もオフィスはアジアからあらゆるジャンルの起業家や専門家が来たときに、交流できるスペースにしていきたいなと考えています。

ちなみに、これまでにも、4人のゲストが海外からやってきました。
・バングラディシュ IDEバングラディシュ
農家の収入向上から世界を変えようとしているNGO代表
・インド Nuerosynaptic
遠隔医療デバイスのソーシャルアントレプレナー
・インド World Health Partners
コンドームの普及活動を成功させた公衆衛生・医療の専門家
・インド Design for Change
世界30カ国以上でデザイン思考を教育現場で広げるアクティビスト

※どのサイトもかっこいいのが、悔しいところです。

来るだけではありません。グランマはアジアにも拠点を設けていきます。
バングラディシュでは現地NGOのオフィスを間借りしてます。
インドはインド経営大学アハメダバード校に間借りをしてます。
次はクアラルンプール。イノベーションを促進する国家機関YIMに間借り予定。

このアクションの延長線上にグランマが描いている将来のビジョンは南アジアでのアジアの仲間が集まってくる「デザイン工房+アジト」計画です。2014年初旬に計画しています。色々な所にアジアに分散的に間借りしつつも、一つのコアとなる拠点も創ります。

長くなりましたが、要するにアジアとつながっているということが僕たちと働くよいところかもしれません。

こんな人と働きたい

そこで今回は一緒にオフィスで働いていただけるパートナーを募集します。パートナーの基本条件はグランマで発生するお仕事を一緒に行える仲間です。場所貸しというよりも、仕事をシェアしたいと考えています。まずはオフィスの話よりも、お互いの仕事や趣味の話から始めましょう。一緒に働くからには空間をシェアして、お互いを理解したい、シンプルにそう考えています。仰々しいことはありません、基本的には格安で場所をお貸しするだけです。もちろん、グランマに関係のない仕事も好きにやっていただいて結構です。ランチも一緒に行けたらいいですね!

特に一緒に働きたいなとグランマが考えているプロフェッショナルとその理由を書いてみました。(特に間借りしていただかなくても、一緒に仕事がしたいです!)

社会課題に寄り添うデザイナーさん、特にグラフィックが得意な方
世界を変えるデザイン展以降、僕たちにデザイン業務が流入しておりますが、実は展覧会から約一年後に正式なデザイナーがジョインした会社です。仕事の量が増えてくると、一緒によきアウトプットを出せる仲間も増やしたくなります。単純にオーダーが最近、増えているからという都合もあります。

日本の地域で活動される方
→グローバル化の最終ゴールはローカルへの着地、生まれ育った場所への帰還なのでは?と買ってに考えています。だから、地域でその資源に可能性を見いだし、地域のコミュニティに寄り添いながら、仕事をされている方と一緒に仕事をすることに新しい可能性を感じております。ぜひぜひ東京での拠点に利用してください、アジアと地域の意見交換がしたいです。ちなみに最初のパートナーは大学生を地方の町長のもとでインターンするプログラムを実践しているInnovation for Japanなどを推進する林くんです。

日英で発信しているライターさん(英語でお仕事されている方)
→英語での発信がかなーり増えてきていますが、プロフェッショナルに英語を操れる人材が不足しています。近くにいてくれると、ブロークンイングリッシュ派のグランマメンバーも安心します。もちろん、外国人の方、留学生の方でもウェルカムです。

一緒にグランマと事業を創ってみたい方
→アイディアを叩き台に話し合いができたら,最高です。今年は5つ新規事業をスタートさせたいという野望があります。アジアで何かやりたいけど…、前に進んでいない、計画だけは頭にある方、グランマオフィスで化学変化を起こしましょう。

オフィスはカオス、だけど静か

まだまだ、空いているスペースを貸し出しているという状態なので、設備や環境はそこまでよくはないのですが、一緒に仕事がしたいと思ってくださる方、ご連絡お待ちしております!今週末にはパーティションができあがります。

条件
期間:3ヶ月〜
人数:3名を募集(2012/6/30までの間)残り2名
家賃:利用条件によってかなり変動しますが、10000〜20000円のあいだ
利用可能時間:平日 9:00-20:00(夜及び休日はCaes by Caseです)
ワークスペース:フリーアドレス、徐々に整備していきます。
プリンター:大量でなければ、自由にご利用ください(遅いです)
その他設備:無線LAN、トイレ、ベランダの喫煙所、ポット、冷蔵庫
飲み物:コーヒー(一日一ドリップまでOKです)
場所:渋谷区渋谷4-2-5
連絡先:yamamoto(a)granma-port.jp (a)→@

※クローズドな会議スペースはありませんが、徒歩5分圏内にカフェが豊富です。

最後に、想像力
書き途中です。明日、書きます。

Naoki Yamamoto
1983年12月25日 石川県生まれ。野球漬けの高校生活を経て、北海道大学農学部に入学。「スノーボード、旅、読書」の三種の神器に明け暮れる。卒業後、システム会社に営業職で入社。 2009年株式会社グランマを立ち上げ。1年後に発展途上国の貧困層に必要なデザインやサービスを展示する「世界を変えるデザイン展」を六本木で開催、2万人を動員。2014年12月に退職し、現在無職。仕事の傍ら、ノンフィクション書評サイトHONZに参加中。