実感知

—— 若いうちにベンチャーに就職していろいろな業務経験をつんで、転職していくというキャリアもありますよね。

川上 うーん、でも転職市場で、ベンチャーで働いた経験やつぶれたベンチャーの経営陣にいた経験って、プラスになりますかね。上場寸前とかまでいったらプラスになる可能性はあるけど、そういう経歴を聞いた時の大多数の感想としては「ざまあみろ」ってところじゃないでしょうか。

—— ざまあみろ(笑)。それって、川上さんの意見じゃなくて、みんなの意見ってことですよね?

川上 僕はざまあみろとは思いませんよ。でも、日本の世の中ってそういうものですよね。基本的に起業する人に対してきびしい。僕の感覚としては、「夢をみやがって」「もう少し地に足をつけろ」と、説教したい気持ちの人が多い気がします。

新卒一括採用を否定するのは、バカである。より引用

Naoki Yamamoto
1983年12月25日 石川県生まれ。野球漬けの高校生活を経て、北海道大学農学部に入学。「スノーボード、旅、読書」の三種の神器に明け暮れる。卒業後、システム会社に営業職で入社。 2009年株式会社グランマを立ち上げ。1年後に発展途上国の貧困層に必要なデザインやサービスを展示する「世界を変えるデザイン展」を六本木で開催、2万人を動員。2014年12月に退職し、現在無職。仕事の傍ら、ノンフィクション書評サイトHONZに参加中。