兼業主夫に就任

2016年9月28日から兼業主夫に就任しておりましたこと、事後ではございますが、報告致します。

妻の代表取締役就任に伴うものです。特に誰にも迷惑をかける話では、ありませんでしたので、ご連絡が遅れました、念のためにお詫び申し上げます。尚、日本語破綻した四文字熟語へのツッコミは個別に対応致します。

小学校4年生の頃から、右手にグローブ、左手にフライパンが我が上半身の盤石体制でしたが、ここ10年ほどは左右ともに入れ替わりが激しい不安定な状態でした。特に、利き手は仕事でぐるぐる巻きにされ、キーボードとスマートフォンに相対的なシェアを奪われておりましたが、ようやく定位置を取り戻すことができました。字も書けて、箸も持てる右手に何を持つかは未だ不安定な状態ですので、皆様からのご提案お待ちしております。

兼業主夫業における担当領域は、本棚、テレビ予約、フライパンの三刀流となります。皆様からの出張も受け付けております。先日も、三本のうち一本の刀を磨きに、広島県へ出張して参りました。

すこし真面目な話で、不安定な右手について少しだけ触れさせてください。「今は何やってるの?」ということです。はい、私、河合塾の教育イノベーション本部に属し、日本全国の中学校や高校の現場に足を運んでおります。3月は半分が西日本への出張でした。

やっていることは、学習プログラムの研究と開発、そして実践を一貫してやっております。新聞などに取り上げられておりますので、私の言葉で語るより、信憑性が高いと思いますので、そちらをご覧ください。

AI・ロボットに代表されるように、未来を大きく左右する科学技術、社会課題などを題材にしております。イームズの”POWERS OF TEN(https://www.youtube.com/watch?v=dXat7KJfauw)”の映像のイメージが頭にあります。遺伝子から宇宙まで、制覇したいというのが、個人的な欲望です。しかし、生半可なものでは、中高生にソッポを向かれるので、慎重にやります。なお、今日はアポロ13号の帰還を題材にしたプログラムでした。

他にも、未来を洞察するプログラムを試行錯誤しており、ここらが一番力を入れていきたいところです。だいたい、何の仕事をやっても面白がれることは以前と変わりありません。各種ハンティングをしていますので、面白がれるものがありましたら、お声がけください。

2017年4月1日現在の考えとして、じっくりと腰を据えて、学びや教育の分野に向き合いたいと考えております。その上で、とてもいい環境で仕事をさせていただいております。ありがたいことです。

またこれまでと変わらず、本の書評、ボランティアで書き物をお手伝い、気になるものの探研活動、足を使った近所のパトロール(散歩)は続けております。手が回っていないことは、スノーボードです。スタッドレスタイヤを手に入れたにも関わらず、雪山に足を運べていません、雪の上にいないと、生きている意味がわからなくなります。
ここ最近、出会った皆さまには適度にお知らせしていましたが、ご無沙汰の皆さま、色々とご相談に乗っていただいた皆様、前職のころにお世話になりしばらくお会いできていない方々には、ここでご報告とさせてください。

エイプリルフールとは何ら関係のない投稿ですが、少々くだけた文体は、全部4月1日のせいです。小学生の頃の左手の話だけは記憶が曖昧ですが、それ以外は記憶の範囲内でございます。友人知人の転機やエイプリルフールのおもしろい投稿に刺激され、自分も何か書かなきゃと思いたち、ふつうの現状報告となりました。
これにて2017年度、始まりのご報告を終わります。長文、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

山本尚毅

Naoki Yamamoto
1983年12月25日 石川県生まれ。野球漬けの高校生活を経て、北海道大学農学部に入学。「スノーボード、旅、読書」の三種の神器に明け暮れる。卒業後、システム会社に営業職で入社。 2009年株式会社グランマを立ち上げ。1年後に発展途上国の貧困層に必要なデザインやサービスを展示する「世界を変えるデザイン展」を六本木で開催、2万人を動員。2014年12月に退職し、現在無職。仕事の傍ら、ノンフィクション書評サイトHONZに参加中。