自分のモノサシ

尊敬している起業家の一人の話し方が素晴らしいと思ったことがある。

僕はxxxについて、xxxと考えている。強制するわけじゃないし、そう考えない人もいることはわかっている。

自然と板についた、この話し方に幾度となく触れて、これが自分のモノサシを持っているなぁと直感的に思えた。

一般化すると、自分の中で、できるだけ持てる最大の地図(多様な人間像や世界観)を持ち、その中で自分のコンパス(考え・意見)の方向性を明確にする。地図の上に多様な人のコンパスを載せて考えているから、違う方向を向いたコンパスがあることを理解し、それとの違いを認識し、受け入れる。

そんなところだろうか。

Naoki Yamamoto
1983年12月25日 石川県生まれ。野球漬けの高校生活を経て、北海道大学農学部に入学。「スノーボード、旅、読書」の三種の神器に明け暮れる。卒業後、システム会社に営業職で入社。 2009年株式会社グランマを立ち上げ。1年後に発展途上国の貧困層に必要なデザインやサービスを展示する「世界を変えるデザイン展」を六本木で開催、2万人を動員。2014年12月に退職し、現在無職。仕事の傍ら、ノンフィクション書評サイトHONZに参加中。