話す親になる(0) -幼児教育って…?-

2015年の春、転職活動をしていた最中で、そのうちの一つに教育業界があった。その当時は、子どもが生まれるとも思っていなかったので、幼児教育はビジネスとしてどんな可能性があるんだろうか、そもそもどういう状況なのだろうかと思って、買った。

ノーベル経済学賞を受賞した学者が幼児教育を分析する、その経歴と研究対象のギャップも印象深かったのが、最終的な決め手だったことを覚えている。同じタイミングに出版された『学力の経済学』は本屋で平積みにされており、その脇で窮屈そうに並んでいた(本屋では手に取らず、KINDLEで買った)。ちなみに、この2冊アマゾンのレビュー数は約9倍の差(前者が28、後者が250弱}がある。


蓄積されたエビデンスから、言える範囲のことを述べている誠実な本で、その誠実さゆえに、親がすぐに活用できるような具体的な打ち手については書かれていない。ストレートなタイトルとは裏腹に、落ち着いた内容だった。本自体のページ数も少なくてお得感が少ないのが低評価の理由の一つではないかと推測する。

そして、2017年5月末日、本書を手に取ってから、約2年後に私たち夫婦は子どもを授かることができた。そして、生まれる1ヶ月ほど前から、遠い昔の記憶を思い出し、せっかくだから自分の赤子で、楽しくN=1の科学実験してみようと思い立ったのだ。実験なんて、真剣にやった記憶が人生でないので、ほぼ素人である。今思えば、大学時代に論文指導を真面目に受けれもばよかった、と遅すぎる後悔もしたくなるが、それは脇においておこう。


さて、手始めに、これから、どんなことをやり、どう記録に残していくか、本当にザックリな計画を以下に記して、今日は終わりにしたい。

1.1970年代のとある実験
2.3000万語イニシアティブ(http://thirtymillionwords.org/)について


3.測定デバイスについて
4.家庭内実験の仮説と結果
5.効果的な介入について

言語活動計測デバイスの導入は親の言語活動を量的に改善する。フィードバック効果によるものだ。しかし、言語活動の質的な改善には、追加の介入が必要である。質を改善する介入として有効なのは、親の新聞や読書をする習慣である。継続的な改善には親自身の学習が欠かせない。

さて、どうなることやら。では!

Naoki Yamamoto
1983年12月25日 石川県生まれ。野球漬けの高校生活を経て、北海道大学農学部に入学。「スノーボード、旅、読書」の三種の神器に明け暮れる。卒業後、システム会社に営業職で入社。 2009年株式会社グランマを立ち上げ。1年後に発展途上国の貧困層に必要なデザインやサービスを展示する「世界を変えるデザイン展」を六本木で開催、2万人を動員。2014年12月に退職し、現在無職。仕事の傍ら、ノンフィクション書評サイトHONZに参加中。