世界を変えるデザイン展 残り6日

「世界を変えるデザイン展」

思い出を語るには、まだ、早すぎる。まだ、会期中、26歳。
未来を語るには、浅はか過ぎる、まだ、会期中、2010年。

6月13日までやっております。

お勧めは

Design HUB→ランチ→アクシスギャラリーのコースです。
Design HUBからアクシスギャラリーまで徒歩で10分程度ですが
その道のりには、多くの飲食店。この1カ月弱で、7店舗位のラーメン屋と10店舗位のファーストフードを制覇しました。

お勧めは「銀だこ」立ちながら、たこ焼き食べて、酒が飲めます。この間は、大学時代の仲間と飲む。先輩が客引きしているおねーちゃんにたこ焼きを食べさせに行く。そんな六本木が好きです。

その他、六本木の好きな風景。外国人(男)と客引きの日本人(男)は仲が良いのだ。住み慣れた人、通いなれた人にはよい街なのかもしれない。

六本木ヒルズ
2003年4月 竣工

東京ミッドタウン
2007年1月  竣工

この2つがない六本木の街に行ってみたかった。
どんな匂いがして、どんな人がいたのだろう。

想像に値する。

そんなことはどうでもよくて、「世界を変えるデザイン展」13日まで、やっておりますのでぜひ、ご来場くださいませ。

先週末の土日は、2日間で約1500人が!
最終日の週末は込み合いますので、ぜひぜひ平日にゆっくりとご来場ください。

デザインハブは11~19時まで
アクシスギャラリーは11~20時まで

Naoki Yamamoto
1983年12月25日 石川県生まれ。野球漬けの高校生活を経て、北海道大学農学部に入学。「スノーボード、旅、読書」の三種の神器に明け暮れる。卒業後、システム会社に営業職で入社。 2009年株式会社グランマを立ち上げ。1年後に発展途上国の貧困層に必要なデザインやサービスを展示する「世界を変えるデザイン展」を六本木で開催、2万人を動員。2014年12月に退職し、現在無職。仕事の傍ら、ノンフィクション書評サイトHONZに参加中。

コメントする