深く、より深く

言葉にならない言葉がこれほどまでに頭をあふれていることは人生で初めてだ。
ついつい、言葉につまってしまう。

知識で充足しているという感覚、消化不良と言う感覚ではなく、外部からの知識供給により、かつて自分の中に内包していた感覚を取り戻す方向に思考が働いている。

不思議と心地悪さはなく、むしろ落ち着きを与えてくれる感覚。
こういった時間を過ごすとき、未だ、現実世界とは隔離している感があるが、徐々に近づけていくわけであるし、重なりあっていく。この分離している時期は一番、土日と平日のギャップが激しい。

「善・禅・然」この3つを追い求めている2011年。
まだまだ、今日で44日目。

人生10000日まで後、88日。