『3』についての気になることのメモ

ふと気になって調べていたので、まとめ。

「数秘学」

★3は方向性を生み出し「発展」を現します。3は2つの分離した働きに対して、3番目の働きを現わすもので、方向性を生み出します。また、3は相対(対立)するものから新らたな展開や新しいパワーを生じさせた状態を意味し、力強いパワー(破壊力)を生み出すことで、物事をさらに発展させるという創造的な力を象徴する数といわれています。

★3はあらゆるものを発展させていく資質を持つため、創造的な力や破壊的な力と結びついてきました。その上、二つの対立を越えていくパワーや創造性、
※直線的な世界から三角形など幾何学図形への広がり、一本の直線上に位置しない任意の3つの点を通過して描かれる円とも深く関係しています。
※ The Modern Numerology by John King

★3は三つの世界、三位一体の象徴ともいわれ、宗教や神話の中では、とても多く用いられています。キリスト教の父と子と聖霊、神道の三種の神器、ヒンズー教の三神、ギリシャ神話の三女神、バビロニアの創造神話も三位一体から始まります。また、“創造・維持・破壊”“開始・中間・終了”“過去・現在・未来”“昨日・今日・明日”など、様々な3つで結ぶ要素が存在しています。

★カバラでは、3は「知性」を意味し、神聖なるものを理性的に見極める鋭い知性、霊的な世界の完全性としてとらえられています。

★3は方向性を生み出し「発展」を現します。3は2つの分離した働きに対して、3番目の働きを現わすもので、方向性を生み出します。また、3は相対(対立)するものから新らたな展開や新しいパワーを生じさせた状態を意味し、力強いパワー(破壊力)を生み出すことで、物事をさらに発展させるという創造的な力を象徴する数といわれています。

★3はあらゆるものを発展させていく資質を持つため、創造的な力や破壊的な力と結びついてきました。その上、二つの対立を越えていくパワーや創造性、※直線的な世界から三角形など幾何学図形への広がり、一本の直線上に位置しない任意の3つの点を通過して描かれる円とも深く関係しています。※ The Modern Numerology by John King

★3は三つの世界、三位一体の象徴ともいわれ、宗教や神話の中では、とても多く用いられています。キリスト教の父と子と聖霊、神道の三種の神器、ヒンズー教の三神、ギリシャ神話の三女神、バビロニアの創造神話も三位一体から始まります。また、“創造・維持・破壊”“開始・中間・終了”“過去・現在・未来”“昨日・今日・明日”など、様々な3つで結ぶ要素が存在しています。

★カバラでは、3は「知性」を意味し、神聖なるものを理性的に見極める鋭い知性、霊的な世界の完全性としてとらえられています。

http://www.starpeople.com/sun2d.html より引用

3を色々と考えていて、一番ハッとしたのは、
点が線となるのが、1⇒2
線が面となるのが、2⇒3
であるという点です。

子供のころから、「3」という数字が好きで、学生の時、三角形の三平方の定理(ピタゴラスの定理)に驚嘆したこと、最近、オルタナティブとは2番目の選択肢だけでなく、3番目の選択肢もあることだと感じている今日この頃です。

「3」について、気になることを、これからメモできればと思います。