福田恆存『日本への遺言』

久しぶりにドスの効いた、胸に残る本を読んだ。帯にも書いてあるが、この本には信ずるに足る言葉が満載である。自己啓発的な名言を並びたて、人を気持ちよくするための本が本屋の棚を占める中、自分のこれまで信じてきたものを大前提から疑うようになり、あまりの精神的なダメージにより気持ちが悪くなって、閉じたくなるような本は珍しい。大正...